呼吸2

o0480085413905992493

 

整体院 隆楓
院長の平田です

昨日は呼吸の『質』についての話をしました。
いい呼吸が出来ていないと呼吸の『質』が悪くなり、痛みが出て来たり、疲れやすくなったり、冷えたりと色々な症状が出てくるので、普段から呼吸の『質』を意識するといいという話でした。

今日は呼吸についての話第2弾です!!
昨日も登場した呼吸の重要な筋肉である『横隔膜』ですが、この横隔膜の硬さが腰痛と大きく関係してくる事があります。

横隔膜は肋骨の内側をドーム状に覆っている筋肉で、一部は背骨に付いています。写真で言うと上側の青く丸くなってるのが横隔膜です。

その下に背骨の前の方から足の方に伸びている青く長細い筋肉が『大腰筋』です。
実は、この『横隔膜』と『大腰筋』は薄くて頑丈な膜で繋がっているので、横隔膜の動きが悪いと、大腰筋も緊張してくることがあります。
大腰筋はご覧の通り腰椎に付いているので、大腰筋の硬さがあると腰の動きや腰痛に影響が出て来ます。

腰痛と言っても、色々な原因があるのでしっかりと見極めないといけませんね!

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

整体院 隆楓
院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・富士見市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加