脊柱管狭窄症〜側湾症による背骨の変形〜

IMG_2653

IMG_2654

 

整体院 隆楓

院長の平田です

 

脊柱管狭窄症と側湾症と診断されている方の治療をしています。

 

70代男性で、病院にて脊柱管狭窄症と側湾症と診断され、ブロック注射を1ヶ月間(毎週)打ったが良くならないため当院に来院されました。

痛みは、歩いている時の左腰から脚の痛みと頭洗う時の左腰の痛みが主で、痛みが強いと動くことができなくなってしまうという状態でした。

 

上記の写真は、初診時の治療前(左)と治療後(右)の姿勢の変化です。

 

1回の治療で重心の位置が安定する身体の変化が出ました。

治療は、内臓の正しい位置への調整(全体的に下垂して左に寄っていた)と骨盤と背骨の調整、頭蓋骨の歪みの調整(自室神経やホルモン)をおこなっています。

 

今6回治療が終わり、患者様に確認したところ、一番痛い時の痛みを10とすると、今は3にまで改善しているとおっしゃっていました。

まだ痛みはありますが、痛みに対する回復力が出てきています。

 

側湾症もあり、骨の変形があるのでピンと真っ直ぐになるのは難しいですが、曲がった中でも身体を良い状態に調整することにより、重心の位置を安定させ痛みから回復する環境を作ることは可能です。

いくら注射をしてもこの変化は出せません。

 

ブロック注射をしても改善していない方は、この患者さんのように正しい選択をされることを祈ります。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加