腰痛〜栄養問題による回復力の低下〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

今日初診で来院された患者様の話です。

 

6日くらい前の朝起きる時から腰が痛くなり、前かがみ動作で腰が痛く下の物が拾えないとのことでした。

もともと腰や背中の張りがあり、ひどくなるとマッサージに行ったりするそうですが、普段はヨガやストレッチをして対処していたそうです。

 

色々お話を伺ってみると、仕事が忙しく疲れが溜まっていたとの事。

疲れが溜まっていても回復する力があれば問題ないのですが、回復出来ずに腰の痛みに繋がってしまったのでしょう。

 

回復力を出すには栄養と休養と身体の歪みを調整して自律神経・ホルモンの働き良くすることです。

 

食事について伺ってみると、ここ1ヶ月の夕飯はお酒とおつまみ(フライドポテトなど)で昼ごはんも外食が多かったようです。

この食生活では、栄養が取れていないので回復力は出ません。普段の食事もそうですが、疲れている時にはなおさら栄養のある食事を摂らないといけません。

 

身体の歪みの調整は私が出来ますが、普段の食事も気を付けて頂きたいので栄養指導をさせていただきました。

 

治療は、骨盤調整・内臓調整・頭蓋骨調整(自律神経・ホルモン調整)をおこない、痛みが軽減し前かがみで床に手がつくようになりました。

この状態で、しっかり栄養とるようにすると回復も早くなります。

あとはしっかりご自分で気を付けて頂くことを祈ります。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加