腰痛〜お通じが良くなる〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

当院へ来院られる方は痛みや痺れ以外にも色々な症状を抱えています。

その中でも多いのが、便秘や軟便などの消化器症状を抱えている方です。

 

便秘は女性のイメージが強いですが、男性も便秘の方は多く、わりと長年消化器症状を抱えながら生活されているので、気になりはするが、なって当たり前と思っている方がほとんどです。

 

腰痛と関係ないように思いますが、構造面や機能面から考えても大いに関係があります。

 

消化器症状を抱えている方は胃、小腸、大腸、S状結腸が硬い傾向にあります。

 

構造面で言えば、硬さがあると重たくなるので、内臓の位置が下がりやすくなります。

その状態が長く続くことによって、骨盤にストレスがかかり骨盤の歪みや動きの悪さに繋がります。骨盤が歪むと上に乗っている背骨もバランスを取ろうとしてずれるので、お尻や腰や背中の筋肉の緊張に繋がり痛みが出てきます。

内臓下垂による骨盤の歪みからの筋肉の緊張です。

 

また、機能面で言うと、硬い臓器は働きが悪くなります。消化器は、主に栄養の消化吸収・排泄を担っているので、これらの機能が悪くなると筋肉への栄養の供給が悪くなり、疲労の回復もしづらいですし緊張しやすくなります。

すると、なかなか痛みが取れなかったり痛みを繰り返してしまうことになります。

 

痛みを取るのはもちろん、繰り返さない状態を作るには、身体の機能を上げるような治療をしなくてはいけません。

 

つい最近も、患者様から

『今まで便が硬くて毎日薬を飲んで柔らかくして出していましたが、最近は薬を飲まなくても硬くない便が出るようになってきました!』

と言われました。

 

この方は週1回のペースで治療をして、1ヶ月半くらいの方です。もちろん腰痛は軽減しています。

 

腰が痛いからといって、腰だけを診る治療をしているようでは、一時的には楽になるかもしれませんがまた繰り返してしまいます。それでは治療の意味がありません。

 

しっかり治すには、痛み以外の症状も改善する治療を選択された方がよろしいかと思います。

 

そんな治療をご希望の方は当院までご連絡下さい。

 

確実に良くなります!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加