坐骨神経痛〜感覚障害の範囲が狭くなる②〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

以前紹介した坐骨神経痛の患者様の続編です

 

5回目来院時に、左下肢の感覚障害が全体から下肢外側に範囲が狭くなったというところまで紹介させていただきました。

 

6回目来院時にはもっと良くなっていて、

感覚障害の範囲は小指に少し感じる程度になっているとのことでした。

 

今は全然気にならなくなってきているようで、安心した表情をされていました。

 

身体が良くなると、気持ちや表情にも変化が出てきますね!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加