坐骨神経痛〜階段を駆け上がれる〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

坐骨神経痛の患者様の症例です

 

60代、女性

 

症状:歩行時や長時間立位時の左足の痛み、しびれ・歩行時に左足をやや引きずる

 

初回来院時のお身体の状態は、内臓が全体的に下がっていて、左側に寄っている・骨盤と頭蓋骨の動きが悪い・大腰筋やや緊張でした。

 

上記の問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療を週1回で治療しています。

 

1ヶ月後

足の痛みはなくなり、引きずらないで歩ける。しびれは足の小指に少しある程度。

 

2ヶ月後

痛み、しびれ気にすることなく生活できる。

家の階段をかけ上がれている。

 

この患者様にとって、家の階段を駆け上がれることが、健康のバロメーターのようだったので、それが出来て安心してらっしゃいました。

 

人それぞれ健康の価値観や目安は違うと思います。

 

あなたの健康の目安は何ですか?

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加