坐骨神経痛〜運転していても気にならない〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

坐骨神経痛の方の症例です。

 

60代、男性

30代の頃から、腰痛を抱えていたが最近特にひどくなってきた。

病院で坐骨神経痛と診断される。整骨院で電気治療やマッサージを受けたが良くならないので来院。

 

主訴:腰痛、坐骨神経痛(右下肢が強く、左下肢も)

 

症状:中腰姿勢や前かがみがツライ。運転していてもツライ。

腰部と臀部から下肢にかけて痛みやしびれがある。

 

お身体の状態は、全体的に力が入っている(自律神経の調節がうまく出来ていない)・内臓下垂していて、小腸や回盲が特に硬い状態。また、頭の動きが悪いのと右背中の盛り上がりがあり、臀筋と大腰筋の硬さがある。

以上のような問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療メインで週1回のペースで治療しています。

 

2回目

臀部から下肢のしびれはなくなった。車の乗り降り時に、左腰に痛みがある。

 

4回目

痛みはほとんどなくなってきている。運転している時も楽。

毎日1時間くらいウォーキングを始めた。

 

4回の治療でだいぶ症状が軽減してきました。

あと一歩ですね!

 

これからは同じ痛みを繰り返さないようにする為に、身体をしっかり整えないといけません。

日常生活でのアドバイスを、ご自分でも実践されているので、このまま行けばいい身体を獲得できるでしょう!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加