ヘルニア〜体重がかけられるようになる〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

ヘルニアの方の症例です。

 

ヘルニアと言っても症状の状態に差があります。

今回の患者様は手術適応ではないが、症状は重たい方でした。

 

50代、男性

 

症状が強く出たのは1週間前から。

20年くらい前から左脚に痛みや痺れが出てはいたが、痛くなったり緩和したりを繰り返していた。

今回みたいに痛みが強くなり、おさまらないのは初めて。

病院ではヘルニアと診断され、痛み止めの注射をしたが痛みの軽減にはならなかった。

この痛みがどうにかならないかと、来院される。

 

症状:左腰から下肢にかけての痛み、しびれ

座っているのも歩くのもツラく、左側に体重をかけると痛みが強くなりあまりかけられない

びっこ引くように歩いている

 

お身体の状態を検査したところ、主に

・全体的な筋肉の緊張が高い(自律神経の調節が悪い)

・胸郭の硬さ、横隔膜硬い(呼吸が浅い)

・小腸の硬さ・腎臓、肝臓の重たさ(代謝、循環機能悪い)

・骨盤の傾き(身体の土台が不安定)

などが問題点としてえ考えられました。

 

上記の問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療をメインで治療しました。

 

治療後立ち上がっていただくと、

治療前よりも左脚に体重が楽にかけられるようになり、痛みが軽減している。

歩行も踏ん張れるようになり、びっこが小さくなっている。

 

患者様も、痛みが楽になったので喜んでらっしゃいました。

 

しかし、この痛みの変化は一時的であり、また戻ってしまう事が考えられます。

痛みを無くすにはしっかり通って、身体を調整しないといけませんね。

 

ヘルニアの方でも、痛みを無くすことは可能です。

痛みを無くしたい方はご連絡ください。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加