坐骨神経痛〜30年前からの腰痛が楽でいられる〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

坐骨神経痛の患者様の症例です。

 

60代、男性

 

主訴:坐骨神経痛(右側)

30代の頃から腰痛を抱えている。痛くなったり軽くなったりを繰り返しているが、最近特に痛くなってきて、右下肢のしびれも出てきてしまった。

他の整体院で治療受けたが良くならないので来院される。

 

症状:中腰や前かがみで痛みがある

運転している時も痛みと痺れがある

 

お身体の状態を検査したところ、内臓下垂、小腸と肝臓が硬く、腎臓重たい、骨盤の傾き、右背部の膨隆、頭の重たさ動きの悪さ、大腰筋や臀部、下肢後面の筋緊張が見られました。

 

上記の問題点に対して、内臓治療、骨盤治療、頭蓋骨治療をメインで週1回のペースで治療しました。

 

1ヶ月後

下肢の痛み、しびれともに軽くなる。

以前の痛みやしびれを10だとしたら、10→3になっている。

 

2ヶ月後

しびれなし。痛みは長く運転すると痛くなることはあるが、次の日には持ち越さない。

30年間抱えていた腰痛が楽になっている。

 

いい状態ですね!

 

身体の歪みを整え、身体の機能をあげるように治療すると、何年抱えている腰痛だろうが良くなります。

これは身体本来の回復力が出てきているからです。

むしろ、それを出させるように治療しないと、ずっと痛みを抱えていくことになってしまいます。

 

腰痛は仕方ないと諦めている方は、そのまま放っておくと大変なことになりますよ!

その場しのぎの安いマッサージ店に行っているようでは、一時的に楽になった気持ちになるだけで、身体がどんどん悲鳴をおあげていきます!

腰痛を抱えている状態では、坐骨神経痛やヘルニア、すべり症、ぎっくり腰になる確率も高くなります。

そうなると、もっとツライですよ、、、

 

今の身体も大事ですが、未来の身体がどれだけいい状態でいられるかが大事だと思います。

 

これから腰痛に悩まされない状態でいられるために、しっかり治療しませんか?

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加