脊柱管狭窄症〜半信半疑でも改善される〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

脊柱管狭窄症の患者様の症例です

 

70代、男性

 

主訴:左腰から足にかけての痛み・しびれ

去年の10月に物を移動しようと腰を捻ってから症状が出ている。

以前から脊柱管狭窄症と診断されている。

接骨院にて電気治療やマッサージを受けたが良くならない為来院される。

痛み止めの薬を飲んでいる。

 

症状:歩いている時に一番、痛みやしびれを感じる

 

お身体の状態を検査したところ、内臓下垂、小腸、回盲部の硬さ・骨盤の動きが悪い・臀部や下肢後面の筋肉の緊張が見られました

 

上記の問題点に足して、当院の治療法である内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療を中心に治療しました。

 

当院は、揉んだり押したりといった一般的なマッサージみたいな治療はおこないません。すごくソフトで、ほとんど触られている感じの治療です。(気功ではありません!!)

当院へ来院されるほとんどの方は、今まで電気治療やマッサージの一般的な治療を受けてこられた方なので、最初に当院の治療を受けると「えっ?」「これで良くなるの?」と思われる方もいらっしゃいます。

マッサージなどは、押してもらって気持ちいい感じや満足感があるかと思いますが、当院の治療はそういったのはありません。

 

この患者様も最初に受けられた時にはそのような反応でした。

 

1回目、2回目

症状に変化なし。

他のマッサージと併用した方がいいか相談される。

今まで他でマッサージや電気治療して良くならなかったということを忘れてしまっているようでしたので、しっかり説明し、マッサージ受けるのはやめてもらう。

 

3回目

痛みを感じない日が出てくるようになる。

 

4回目

前回の施術から痛みがなくなり、薬を飲まなくても大丈夫な状態になる

2ヶ月ぶりに卓球を楽しんだ

 

卓球の報告をしてきた時の笑顔が印象的でした。喜びと、不安から解放された表情でした。

 

今まで受けたことない治療で、満足感ややってもらった感じがあまりないので、本当に良くなるのか半信半疑だったと思います。

マッサージの相談をされたのがそのあらわれです。

しかし、あそこでマッサージを許可していたら今までと同じことの繰り返しだったでしょう。

 

マッサージや電気治療を受けていても変化がない方や、同じことを繰り返している方は、治療法を考え直した方がいいです。

最短で良くなる方法があります。

 

揉まれたり押せれたりする満足感や気持ち良さを求める方は、そういった治療を受け続ければいいと思いますが、『本気で治したい方』は当院へご連絡ください。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加