ヘルニア〜脚に力が入るようになる〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

ヘルニアの患者様の症例です

 

30代、女性

 

主訴:右下肢のしびれ

H29、4月にヘルニアと診断。その後、一旦症状は和らいだが12月に再発して以来、ふくらはぎや足底にしびれがある。どんな状態でもしびれている。

 

症状:右ふくらはぎ、足裏のしびれ。

右下肢の軽い運動麻痺(立位で屈伸する時に踏ん張るのが大変)。足裏の感覚鈍麻。

 

お身体の状態を検査したところ、内臓下垂・骨盤の歪み・左背部の盛り上がり・頭の重たさ(頭蓋骨の動きの悪さ)が見られました。

下肢の運動麻痺があるので、状態は良くないと言えます。

 

上記の問題点に対して、内臓治療、骨盤治療、頭蓋骨治療を中心に治療しました。

 

2回目来院時

しびれの変化はないが、足が踏ん張れるようになる。力も入れやすくなっている。

 

一回の治療で力が入りやすくなっているのは、私としても正直少し驚きましたが、身体の歪みや機能がいい状態になったので、神経の働きが良くなったということです。

一回の治療でも症状の変化があったので、このような状態をどんどん作り上げることが大事になりますね!

 

ヘルニアで悩まれている方で、なかなか症状に変化がない方や諦めている方はご連絡ください。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加