脊柱管狭窄症〜痛みが気にならなくなる〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

脊柱管狭窄症の患者様の症例です

 

70代、女性

 

主訴:右腰からもも前面の痛み

半年くらい前から痛みが出始める。立ち仕事をしている時や座っているところから立ち上がる時に痛みが出る。

整形外科で脊柱管狭窄症と診断。

 

症状:立ち仕事の時の痛み、座っているところから立ち上がる時の痛み

 

お身体の状態を検査したところ、内臓下垂、小腸硬い・骨盤右回旋・右背部の盛り上がり・脊柱の硬さ・頭蓋骨の動きの悪さが見られました。

 

上記の問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療を中心に週1回のペースで治療しました。

 

治療を重ねるごとに症状が改善され、4回目の治療で痛みが気にならなくなりました。

 

内臓が下がることにより、骨盤の歪みが起こり脊柱に負担がかかり狭窄を起こしていたものと考えられます。

 

半年間悩まされていたのが解消されて良かったです。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・飯能市・日高市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加