脊柱管狭窄症〜しびれの強さ・頻度が軽減〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

脊柱管狭窄症の患者様の症例です

 

60代、女性

 

主訴:左下肢のしびれ・お尻の痛み

症状は以前よりあったが、強くなってきたのは今年の4月に入ってから。

病院で脊柱管狭窄症と診断される。

 

症状:間欠的な左下肢のしびれ、夜中のお尻の痛み

 

お身体の状態を検査したところ、内臓下垂、骨盤の歪み、腰椎の前弯が強い(ややそり腰)、背中の盛り上がり、大腰筋の緊張が見られました

 

上記の問題点に対して、内臓治療、骨盤治療、頭蓋骨治療を中心に治療しました。

 

治療3回目の時点で、しびれの強さと頻度が減り、痛みも強い痛みではなくなってきている。

歩くのが楽になってきていると実感されています。

 

本当に身体をよくしたいのであれば、この患者様のように身体の歪みや機能を改善しないとダメですね!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・飯能市・日高市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加