腰痛〜その場しのぎのではない〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

腰痛の患者様の症例です

 

40代、女性

 

主訴:腰痛、左下肢のしびれ

H23くらいから痛みがある状態が続いている。半年くらい前に病院でヘルニアの一歩で前と診断。

ここ1年くらいで腰痛だけではなく、肩こりや頭痛(週に2〜3回)も感じるようになってきた。

定期的に鍼やマッサージを受けるも改善されない。

 

症状:日常じっとしていても痛みがあり、じっとしていられない。介護終わってから痛みが強くなる。頭痛(週2〜3)

 

お身体の状態を検査したところ、内臓下垂・消化器や肝臓の硬さ・骨盤右への傾き・頭の重たさ・大腰筋の緊張などが見られました。

 

上記の問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療を中心に週1回のペースで治療しました。

 

2回の治療を終えた時点で、腰の痛みは半分以下になり、最近は頭痛も忘れるくらいになっているとのこと。

 

今までマッサージ等を受けていたけど、その場しのぎだった事がわかったようです。

本気でよくなりたい場合は、その場しのぎではダメです。

 

身体の回復力を上げる治療をしないといけません。

そのためには身体の色々な歪みを取る事が大事です。そうすることによって、身体が本来持っている回復する能力が発揮されるので、症状が軽減し治っていきます。

 

本気で治したくありませんか?

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・飯能市・日高市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加