脊柱管狭窄症〜脚がスムーズに出るようになってきた〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

脊柱管狭窄症の患者様の症例です

 

80代、男性

 

主訴:左臀部から下肢の痛み、しびれ

H30、5月から症状が始め、病院で脊柱管狭窄症と診断。

20年前くらいから、坐骨神経痛のような症状が出てはいたが、放っておいた。

 

症状:100mくらい歩くと痛みやしびれを感じて、脚がスムーズに動かない。階段昇降で太ももに痛みが出る。

 

お身体の状態を検査したところ、肝臓、腎臓が重たく内臓下垂している。骨盤が右に傾いており動きが硬い。背骨の動きも硬く左背部が盛り上がっている。大腰筋の緊張がある。

 

上記の問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療を中心に週2回のペースで治療しました。

 

4回目

痛みなく歩ける距離が増えてきた。痛みないこともある。

 

8回目

脚がスムーズに出るようになってきてるのを感じる。今まででは想像できないくらい。階段も痛みなく昇れることも増えてきている。

 

内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療をした結果、1ヶ月ちょっとの間にこれだけの症状の変化が出てきました。

身体の歪み・身体の機能を改善することにより身体は変わっていきます。それとともに症状も軽くなっていきます。

 

電気治療やマッサージを続けていても症状が変わらない方、いつまでその治療続けますか?

 

身体の歪みと身体の機能を改善する治療が、症状改善の近道ですよ!!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・飯能市・日高市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加