脊柱管狭窄症〜台所に10分立っていられなかったのが・・・〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

前回のブログに続き、脊柱管狭窄症の患者様の症例です。

 

4年間治療しても良くならなった痛みが、1ヶ月の治療により痛みが軽減してきました。

その後も治療を重ねたところ、さらに変化が出てきました。

 

今までは台所に10分も立っていられなかったのが、1時間以上立っていられるようになりました。

これは大きな変化です。

患者様も大喜びです。

日常生活のことが出来るようになると行動の幅が広がりますし、意欲が出てくるのでQOL(生活の質)の向上につながります。

痛みやしびれがあると色々行動に移せなくなりQOL(生活の質)の低下に繋がり、衰えていくばかりなので悪循環になります。

年齢が高くなれば、その影響は大きくなります。

 

それを断ち切らなければいけません。

 

それには、身体の歪みや動き、身体の機能を改善して、回復力のある身体を作ることです。

残念ながら薬、電気治療、マッサージなどではその場しのぎであり、根本的な改善にはなりません。

しっかり治療すれば身体は変わります!!

 

QOL(生活の質)を向上させるためにも、ちゃんとした治療を受けませんか?

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院の適応疾患

腰痛に限らず肩こり・頭痛・めまい・冷え・便秘・生理痛・月経不順・不妊症・アトピー・むくみ・不眠症等もご相談ください

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・飯能市・日高市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加