ヘルニア、脊柱管狭窄症〜5年間悩んでいた痛み〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

病院でヘルニアや脊柱管狭窄症と診断された患者様の症例です

 

50代、男性

 

主訴:右下肢の痛み

20年前くらいにヘルニアや脊柱管狭窄症と診断を受ける。

それから痛みを騙し騙し過ごしていたが、5年前くらいから痛みが強くなってきている。

整体、マッサージ、鍼灸を受けるも良くならない。

 

症状:歩いたり動くと右下肢全体が痛くなる。安静にしていても痛いこともある。右向きや仰向けで寝られない

 

お身体の状態を検査したところ、骨盤と背骨の硬さがあり、骨盤が左に傾いている。肝臓が重たく、下腹部の緊張も見られる。

上記の問題点に対して、当院の治療である骨盤治療・内臓治療・頭蓋骨治療を中心に、痛みが強かったため、最初は週2回の頻度での治療をしました。

 

2回目

痛みが少し軽くなる

 

4回目

5年ぶりくらいに痛みの改善を感じられる

 

5回目

痛みが8割ほどなくなり、仰向けで寝られるようになっている

 

5年ぶりに痛みから解放されてすごく喜んでいらっしゃいました

長いこと患っていると、『この痛みはしょうがないのかな』『諦めるしかないのかな』と考えてしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください!!

 

この方のように、マッサージや鍼灸、電気治療で良くならなかったという方は多くいらっしゃいます。

治療(身体の診方)が間違っていることがほとんどなので、諦めることはありません!

 

諦める前に是非治療を受けてください!

お待ちしています!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院の適応疾患

腰痛に限らず肩こり・頭痛・めまい・冷え・便秘・生理痛・月経不順・不妊症・アトピー・むくみ・不眠症・自律神経失調等もご相談ください

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・飯能市・日高市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております

整体院 隆楓-RYUKA-

〒350-0046川越市菅原町18-1 アルファコート川越507