脳の錯覚

A

o0480064113805977425

 

B

o0480064113805977452

整体院 隆楓
院長 平田です

 

今日は姿勢について少しお話したいと思います。
上の写真のうちどちらがいい姿勢だと思いますか?

 

私が係わっているデイサービスのご利用者様で、背骨が変形してるので骨自体が真っ直ぐにとはいきませんが、姿勢のチェックをしました。
答えから言ってしまうと、Bがいい姿勢になります。

 

Aの写真は骨盤に対して背骨がやや後ろに倒れて肩や頭の位置も後ろになってしまっていると思います。
Bの写真は骨盤に対して背骨がほぼ真っ直ぐに乗っていて、肩や頭の位置も骨盤の上に乗っています。

 

実は、『いつも座ってるように座って下さい』とお願いしたところ、Aの座り方をされました。
そこで、私がちょっと修正してBの座り方をして頂きました。すると『すごい前かがみになってるみたい!』とおっしゃられました。
ここがポイントです!!実際にはいい姿勢になっているのに、前かがみになってるみたいと思うという事は、いつもの姿勢(この場合でいうと、Aのやや後ろに倒れている姿勢)が真っ直ぐだと脳が錯覚してしまっているのです。
錯覚したままの姿勢を続けていると、腰や首などに負担がかかりっぱなしになってしまいます。実際にこの方も腰痛を感じておられます。
負担をかけない為にも、これからはBの姿勢を脳が覚えるようにしていかなくてはいけません。普段の姿勢を気を付けるのはなかなか大変かもしれませんが、気を付ける事が腰痛改善の近道でもあります。

 

当院では姿勢のチェックもさせて頂いてるので、気になる方は是非起こし下さい!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

整体院 隆楓
院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・富士見市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

身体についてについて詳しくはこちら

身体について

身体についてに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加