呼吸

整体院 隆楓
院長 平田です

今日は呼吸について話したいと思います。
突然ですが、普段いい呼吸が出来てるでしょうか?
いい呼吸って何だ?と思いましたか?
普段意識しないで何気なくやってる呼吸は生きていく上はもちろん、痛みの改善にも非常に大事になります。
呼吸といっても、呼吸の『質』が大事です。

呼吸をする時の主要な場所はどこでしょうか?
『何言ってるの?肺でしょ!』と思った方!
おめでとうございます!!新しい事を知るチャンスです!
確かに呼吸をする時に肺は大切で、膨らんだりしぼんだりしますが、肺自体には膨らんだりしぼんだりする力はありません!
実は肺を動かしてるのは、『横隔膜』です。
横隔膜は膜といっても筋肉で、横隔膜が縮むと肺が膨らんで(吸気)、緩むと肺がしぼむ(呼気)ようになっています。
普段の姿勢の悪さやストレスとかで、横隔膜が硬くなっているといい呼吸が出来なくなってしまします。つまり、呼吸の『質』が悪くなってしまいます。
呼吸によって酸素(細胞のエネルギー源)を取り入れて、血液によって各細胞に酸素を送り届けるわけですが、呼吸の『質』が悪いと酸素も十分に届けられなくて、細胞の働きも悪くなってしまいます。すると、傷んでいる部分の修復が遅くなってなかなか治らなかったりもします。
痛みがない方も、呼吸の『質』を良くする事で、疲れにくくなったり、冷えが改善したり、便通が良くなったりしますので、一度ご自分の呼吸はしっかり出来てるか感じでみると良いかと思います。
・呼吸を整えるセルフケア
1.仰向けに寝て、両手を重ね手のひらをみぞおちのあたりに軽くのせます。
2.リラックスして、横隔膜が柔らかくなるのを意識(これが非常に大事です!)しながら、深呼吸を5回繰り返します。

試しに、セルフケアをする前と後で深呼吸が変わるかやってみてもいいと思います。
これを毎日繰り返してるといい呼吸が出来、『質』が良くなりますよ!

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

整体院 隆楓
院長 平田

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・富士見市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

身体についてについて詳しくはこちら

身体について

この記事に関する関連記事