手術を勧められていたヘルニア

整体院 隆楓

院長の平田です

 

先日、ヘルニアの手術を勧められているという患者様が来院されました。

手術はしたくないので、何とかならないかと思い来院されたそうです。

 

当院は病院ではないので画像での診断はできませんが、お身体の状態を診るとヘルニアの影響によると思われる左足の麻痺症状がみられ、つま先が少ししか上げられませんでした。日常生活では、足が引っかかってしまうとのことです。

元々長年腰痛持ちで、ひどい時にはブロック注射を打つ事もあったようです。腰痛に加え、ヘルニアによる足の痺れもあり辛い状態です。

 

症状をまとめますと

・左足の麻痺症状(つま先、足首が少ししか上げられない。力が入りずらい)

・腰痛

・左脚の痺れ

 

これらの症状に対して、当院の治療法である内臓の位置・機能調整、頭蓋骨の調整、背骨と骨盤の歪みの調整をおこなったところ、治療後に力が入りやすくなり動きも少し出るようになりました。

 

1週間後に再来院していただきお身体の状態を見ると、左足の麻痺症状が50%くらい回復しており、ご本人様も以前よりも力が入りやすくなっているとおっしゃっていました。腰痛や痺れについても軽減しているとのことでした。

 

手術を勧められていたヘルニアが整体で良くなるなんて考えられないかもしれませんが、実際に良くなる事は大いにあります。

 

手術をすると身体にかかる負担も大きいですし、色々制限も増え思うように生活できなくなることもあります。

 

それを考えると、身体に負担なく改善できるのが一番ですよね。

 

また追って経過報告したいと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加