仙腸関節

整体院 隆楓

院長の平田です

 

骨盤は、細かく分けると腸骨・恥骨・坐骨・仙骨・尾骨で構成されています。

その中で、腸骨と仙骨が合わさってできている関節を”仙腸関節”と言います。

 

仙腸関節は、骨同士の連結や数多くの靭帯によって固定されているため、長い間動かない関節とされていましたが、諸外国の文献では動くということが当たり前になっています。

動くと言っても大きく動くわけではなく、動いても数ミリ程度ですが、この数ミリの動きが大事になってきます。

 

骨盤は身体の土台になっているところなので、いろいろな動作に影響を受け、仙腸関節の動きも影響を受けます。

本来なら、仙腸関節が動くことにより色々な動作も円滑におこなえるようになりますが、骨盤に対する物理的なストレスや栄養問題等により仙腸関節の動きが硬くなってしまうと、動作が円滑におこなえないだけでなく”痛み”として、腰や股関節、膝、足首、肩、首などに出てくる場合もあります。

 

今出ている痛みは骨盤の歪みの中でも、仙腸関節の動きの悪さによる痛みかもしれません。

当院では骨盤調整専用のブロックを使うことにより、仙腸関節の硬さを緩めて動きを出すようにします。それだけでも、腰の軽さや痛みの変化になったりもします。

ブロックでの調整をしている時は気持ちいいですよ〜!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加