坐骨神経痛〜立っている時や歩いている時の痛み〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

坐骨神経痛の患者様が来院されました。

 

歩いている時や台所作業をして立っていると左のお尻から足にかけて痛みと痺れがある状態です。

整形外科でレントゲンを撮り坐骨神経痛と診断されたようです。少しすべり症があるとも言われたみたいでした。

電気治療・マッサージ・痛み止めの薬を処方されるも改善されないとのこと。

 

お身体を検査したところ、内臓が下垂しており左に寄っているのと、大腰筋の緊張、頭が重たく脳脊髄液の循環が悪いのが見られました。

 

上記に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療をおこなったところ、身体が軽くなったとおっしゃっていました。まだ、痛みや痺れの変化にはなっていませんが、身体の機能がしっかり働ける環境を作ると痛みや痺れに変化が出てきます。

 

治療を続けていくと痛みも痺れも解消されるようになります。

 

この方の症状の変化が楽しみです。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

坐骨神経痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加