坐骨神経痛〜下肢の痺れが改善する〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

坐骨神経痛でお悩みの方が来院されました。

 

60代、女性

 

立っている時や歩いている時に左臀部から下肢に痺れがあり、ふくらはぎに痛みが出てくるという症状です。

 

お身体を検査したところ、内臓全体的に下がっていてやや左に寄っている状態で、特に下行結腸という左側の大腸の硬さがありました。大腰筋の緊張や頭の動きの悪さもありました。

 

この状態が骨盤の歪みや筋肉の緊張を作り、神経を圧迫して痺れや痛みの症状が出ていると考えられます。

 

上記の問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療をおこなったところ、1回の治療で下肢の痺れはなくなりました。

 

ふくらはぎの痛みはまだ残っていますが、治療を続けると無くなるでしょう!

変化が楽しみです!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加