腰痛〜湿布を貼らなくても大丈夫〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

腰痛の方の症例報告です

60代、男性

以前から腰痛持ちで、痛みをなんとかごまかしながらいたが、去年の10月から痛みが強くなり、病院で診てもらったところ、骨が狭くなっていると言われ痛み止めと湿布を処方される。

12月半ばまで湿布や痛み止めで対処していたが、良くならず12月半ばに初来院。

立ち仕事の為、長時間立っていると痛みが強くなってくる。

 

湿布を貼っていると楽だが、貼りすぎて皮膚がかぶれてしまっている。

 

症状

:長時間立ったいる時や歩いている時の痛み(湿布を貼ると楽なる)

 

お身体の状態は、内臓下垂・消化器の硬さ・骨盤背骨のゆがみ・大腰筋硬さが見られました。

 

上記の問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療を中心に週1回の治療をおこないました。

 

4回目には痛みが気にならなくなり、湿布を貼らなくてもお大丈夫なくらいまで改善されました。

 

身体の機能が働きやすくなり、回復力が出てきたという事ですね!

身体の回復力は大事ですよ!!

 

痛み、しびれを諦めないで治療しましょう!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加