坐骨神経痛〜痛み止め、注射が効かない〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

坐骨神経痛の方の症例です

 

50代、男性

以前から腰痛持ちで、最近ひどくなってきて左下肢の痛みやしびれがあり、かったるい。

 

レントゲンでは骨に異常無しと言われ、痛み止めの注射をしたり薬を飲んだが、痛みは変わらない。

 

症状:左腰から下肢の痛み、しびれ、なんとも言えないかったるさ

座っている時が一番ツライ

 

お身体を検査したところ、内臓下垂しており小腸が硬く腎臓が重たい状態、痛みの為でもあるが、下肢の筋肉の緊張が強い、頭蓋骨の動きも悪い

 

上記の問題点に対して、内臓治療、骨盤治療、頭蓋骨治療メインで治療しました。

 

1回目

症状にさほど変化なし

 

2回目

あの座っている時の痛みやしびれ、かったるさがウソのようになくなった

今は、指先が少ししびれているくらい

 

痛み止めや注射でもなくならなかった痛みが2回の治療で、だいぶ改善されたので驚かれていました。

 

以前から腰痛持ちということで、その腰痛を放っておいたから今回のようなツライ痛みに繋がってしまいます。

まだ、身体は変化の途中なので安定させるために、継続して治療します。

 

腰痛は我慢するしかないと思っている方は危険です!

今のうちに治療しないと、後でひどい痛みやしびれが出てしまう確率大です!

腰痛を甘く見ない方がいいですよ!我慢すればするほど、治りも遅くなります!

早めの対応を!!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

坐骨神経痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加