坐骨神経痛〜花粉症の症状が軽い〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

今回は坐骨神経痛の患者様の症例ですが、少し視点が違うお話です

 

50代、女性

 

主訴:左臀部から下肢の痛み

4〜5年前くらいから症状が出ている。腰痛はずっと前から抱えている。

カイロプラクティックに行ったりマッサージに行ったりしたがよくならない。

 

症状:寝返りや立ち上がり時の痛み

座っていると痛くなってくるので、お尻を叩くことが多い

 

他にも不定愁訴として、胃痛・寝つきが悪い・頭痛・花粉症などがあります。

花粉症はひどいらしく、毎年この時期から薬を欠かせないそうです

 

お身体を検査したところ、内臓下垂しており小腸・回盲部・肝臓が硬い、骨盤の動きの悪さ、頭蓋骨の動きの悪さがありました。

上記の問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療を中心に治療しました。

 

3回目

お尻から脚の痛みはだいぶ軽減し、お尻を叩く回数が減る

 

7回目

胃痛・頭痛は最近感じない。

以前は常に痛みが気になっていたが、今は痛みを忘れられている

 

9回目

前かがみに痛みが少し気になるくらい

いつもは毎年この時期になると花粉症で薬を飲んでいたが、今年は飲まなくても大丈夫。

 

身体の歪みや、身体の機能を改善させることにより、痛みだけでなく色々症状の改善に繋がります。

花粉症で悩まされている方は多いと思います。

 

今の生活環境(食事の偏り・栄養不足・大気汚染・電磁波・添加物・ストレス等)で身体は大きく変化します。

この環境が続く限り、花粉症の方は増え続けるでしょう。

 

対応策としては、いかに身体がしっかり働くようにしておくかが重要です。

しっかり対策できていますか?

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加