ぎっくり腰〜歩くのがスムーズになる〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

ぎっくり腰の患者様の症例です

 

30代、女性

主訴:ぎっくり腰(左側メイン)

4月7日に痛くなる。近所の接骨院で電気治療・マッサージ・ストレッチ?をしたら余計痛くなり動けなくなってしまった。2日経って歩けるようになってきたので、来院。

ぎっくり腰は初めてではなく、過去3回くらい繰り返している。

 

症状:起き上がり、前かがみ、歩行動作などで痛みが強くなる。歩行がぎこちない。

 

ぎっくり腰になってしまった状態もそうですし、繰り返している状況は非常に良くない状態です。

普段の身体の回復力が弱い状態でいると、疲労を溜め込みやすくなるのでこのような痛みが出てきてしまうことになります。

 

身体の回復力がない状態というのは=身体の歪みがある状態です

 

お身体の状態を検査したところ、内臓下垂、肝臓、腎臓、小腸、膵臓といった内臓が硬かったり重たかったりしています。また、骨盤が右側に傾いていたり、臀筋の緊張がありました。また、頭の動きも悪くなっていました。

 

上記の問題点に対して治療したところ、痛みはまだ残っているものの、歩行動作が楽になり動きがスムーズになりました。

患者様も『歩きやすくなった!』とおっしゃっていました。

 

身体の歪みを調整すると、痛みだけでなく動きも良くなってきます。

 

身体の回復力を出して、普段の状態がいかに楽な状態で過ごせているかが、ぎっくり腰を繰り返さない秘訣です。

 

繰り返している方は要注意ですよ!!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・飯能市・日高市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加