脊柱管狭窄症〜歩行時のしびれが出なくなる〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

脊柱管狭窄症の方の症例です

 

60代、男性

 

主訴:腰痛、右下肢のしびれ、痛み

H25年頃から腰痛は抱えており、3年前くらいにヘルニアと診断され、治療するも良くならず過ごしていた。痛みやしびれが増してきたため、1ヶ月前に病院で調べたところ、脊柱管狭窄症と診断される。

 

症状:歩き始めて100mくらいで右下肢にしびれが出てくる。足裏の感覚鈍麻。腰は常に鈍痛。

 

お身体の状態を検査したところ、肝臓・腎臓が重たく、消化器官の硬さがあり、内臓下垂がある。また、骨盤の傾きがあり、動きが悪い。背中の盛り上がりがある。

上記の問題点に対して、内臓治療・骨盤治療・頭蓋骨治療を中心に週1回のペースで治療することにしました。

 

3回目の治療で腰の鈍痛が減ってきて楽になってくる。

4回目の治療で歩行時のしびれが出なくなる。

 

しびれや痛みを改善するには、身体の歪みを整えて、身体の機能(循環・消化・吸収・排泄・免疫等)がしっかり働くような環境に整えないといけません。

 

そうすることにより、辛い状態から抜け出すことが出来ます。

 

身体の歪みや機能は整っていますか?

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・飯能市・日高市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加