脊柱管狭窄症〜もも裏の痛みが気にならない〜

整体院 隆楓

院長の平田です

 

脊柱管狭窄症の患者様の症例です

 

60代、男性

 

主訴:足腰の重さ、痛み、しびれ(左メイン)

H28、11に脊柱管狭窄症と診断受ける。それから、週1回のペースで接骨院で治療をしているが改善されない

 

症状:毎朝起きた時のもも裏の痛みと腰の重さ、もも裏のつっぱり

 

お身体の状態を検査したところ、胃や腸が硬く内臓下垂している、肝臓や腎臓が重たい。頭蓋骨や背骨の動きが硬い。大腰筋の緊張などが見られました。

上記の問題点に対して内臓治療、骨盤治療、頭蓋骨治療を中心に10日に1回くらいのペースで治療しました。

 

約2ヶ月経った現在は、朝の痛みなく快適に過ごせている状態になっています。

1年半くらい接骨院で治療を受けても良くならなかったのが、2か月で良くなりました。

 

身体の歪みを整え、身体の機能を改善するように治療すると、治りも早くなります。

電気治療やマッサージでは良くなりません。

 

それに早く気づく方が増えればと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

整体院 隆楓

院長 平田

 

当院へご来院されている患者様の地域

川越市・狭山市・鶴ケ島市・所沢市・坂戸市・ふじみ野市・富士見市・飯能市・日高市・東松山市・戸田市・川口市・さいたま市などからご来院頂いております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加