坐骨神経痛

坐骨神経って何?

右の図の青い部分が坐骨神経になります。坐骨神経は腰骨(腰椎)の間から出てきた神経がいくつか集まって坐骨神経になっています。

腰→お尻→太ももの裏を通って膝の上のあたりで二つに別れて神経の名前が変わります(総腓骨神経・脛骨神経)

坐骨神経が通っているところのどこかで圧迫や締め付けや、血行障害などが起こるとお尻から足先にかけての痛みや痺れの症状が出てきます

 

病院で坐骨神経痛とよく言われる事があるかと思いますが、坐骨神経痛は病名ではなく症状名であって、「腰の骨が変形したことによる坐骨神経痛」だったり、「筋肉の圧迫が原因の坐骨神経痛」となるわけです

 

とはいえ、坐骨神経痛でお悩みの方からしたら、そんなのどっちでもいいよ!!と言われてしまいそうですが、「坐骨神経痛」と一言で言っても”なんで(どこが原因で)坐骨神経痛になってしまっているか”大事になります

 

骨によって坐骨神経痛が出ているのに、筋肉をマッサージしても場所が違っているので、痛みや痺れが改善ません

 

最短で改善するには、原因をしっかり把握して”根本から改善”しなくてはいけません!

 

トップ画面の『当院の施術について』に詳しく載っているので、”根本から改善”に興味のある方はそちらをご覧ください

坐骨神経痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加