椎間板ヘルニア

背骨は、頚椎7個・胸椎12個・腰椎5個・仙骨1個で構成されており、それぞれの骨の間にはクッションの役割をしているものがあります。

これが『椎間板』です。

この椎間板は、髄核と言われる柔らかい組織との周りに線維輪と呼ばれる硬い組織が取り巻いて構成されています。

椎間板ヘルニアは、髄核がもろくなった線維輪から突出し、神経を圧迫することにより、下肢にしびれや痛みを出現させます。

 

 

椎間板ヘルニアの症状

ヘルニアの起きた部位によって違いますが、

・腰痛

・お尻の痛み、しびれ

・足の痛み、しびれ

・麻痺症状(運動・感覚)  などがあります

 

重度になると、

・麻痺が進行し、力が入らなくなる

・膀胱直腸障害(尿、便が出なくなったり、漏れてしまう)

 

重度の場合は手術しないといけません。

 

その他の場合は、当院の治療により改善が可能です。

椎間板ヘルニアの原因

・加齢により椎間板の柔軟性が悪くなり、もろくなる

・長時間座っている姿勢

・中腰の姿勢

・重たいものを持つ

・栄養不足

・骨盤のゆがみ

・背骨の変形

・ストレス       など

つらい痛み・しびれを最短で改善するには、身体のゆがみ・筋肉の緊張・身体の機能の回復をして、同じような痛みを繰り返さないような身体にしないといけません。

 

そのつらい痛み・しびれ治りますよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加